「魂の輝きなくして、生命は終わりを迎えぬ」

灰の雪が降り積もる街に屹立する工場があった。飾られるための人形を造る/創る工場が。そんな工場の一角に人の子や人ならざる者が、『人形』として展示されているとか。

2017年

 言霊というものがあるらしい。声に乗せた言葉が、何かしらに影響を与えるとか与えないとか。信仰心は個人に委ねられるものであるから、影響の有無に関する論議は割愛する。

わたしが『私』について述べることで、私(わたし)に影響があればいい。

 今まで内々で立てた目標がある。いくつ達成できたのか/できなかったのか。それすらも分からない。立てた目標を頭の中だけに留めておくからだ。このことに気付くのに二十数年。遅すぎる気付きである。
 などと気付きを得て突然思い立ち、目標を書く。2017年。もう20日も経過している今年の目標だ。高過ぎず、継続できる目標だ。
 以下、2017年7つの目標(順不同)である。

1.日常の記録を付ける。

 ツイッターやインスタグラム、タンブラーとは違う、私が見て聞いて感じて考えるものを書き込む何かを始める。当ブログがそれに当たる。スケジュール帳に日記を書き込むという挑戦を去年に行ったのだが、全くやらずに断念。私にはネットのSNSの方が合っているのかもしれない。本来の使い方とは違うかもしれないが、そんな風にブログを使って行きたい。週に1度は何かしらを書き込むことを目標にする。

2.体調を管理する。

 学生の頃から一人暮らしをしており、社会人となった今も一人暮らしをしている。生活習慣はむしろ良くなったはずなのに、自身の体調が管理できなくなった。熱が一晩では下がりにくくなった。一日五時間以上は睡眠を取るように心掛ける。

3.アウトプット意識を強く持つ。

 去年はインプットする機会に非常に恵まれた。インプットすることで、脳で新たな世界構築が成されるのだが、実際に書き出してみなければ世界は創造されない。机上の空論止まり、廃棄物にも成らない『何か』を脳の外の世界に出して行く。筆を取れ。

4.痩せる。

 痩せろ。まずはこれまで通り体重を測り続けろ。夜食は絶対取るな。

5.勉強する。

 漠然とした目標である。まず、何を勉強するかを決めよ。TOEICの場合、最高得点を維持できるようになるまで行けるのが望ましいが、今年中には無理か。

6.貯金する。

 今月から始めた貯金を維持する。また、ネットバンクについても知ること。

7.読書をする。

 2016年は読書量がめっきり減った一年だった。未読の本も積まれてきている。1週間に1冊を目標に読んでいこう。

8.ツイッターを開く癖を止める。

暇があると無意識に開くだけに留まらず、スマートフォンを触るときにはほぼ開いてしまう癖。ツイッターのデータ通信量が馬鹿になっていなかったので、きちんと改めよう。現状ではソーシャルゲーム1つより多いことをよく認識すべし。